日々の出来事を気分次第で書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電撃引退は本当に驚きました。
ケガとの戦いで、今年も前半終盤出場が出来ては居なかったですが、まさか引退されるとは思ってもいませんでした。
入団した年から即レギュラー。
当時の野村監督から、スーパーカー7の1号車(だっけ?)とも言われましたね。
1年目から5年連続の盗塁王。
「盗塁王が取れなくなったら引退する。」という発言もありました。
2003年、18年ぶりの優勝時には2番打者としてアニキ金本とのコンビで盗塁を連発。
優勝決定した日のデーゲームでサヨナラのチャンスに、前進守備のライトを見た当時の星野監督から「前進守備だから思いっきり打て」とアドバイスされ、思いっきり引っ張りライトオーバーのサヨナラヒットを打って、星野監督に頭を無茶苦茶にされてたのが、昨日のように思い出されます。
小柄の体格ながら凄まじい運動能力と盗塁センスで、ランナーに出ると盗塁カメラ(三塁側から投手越しに1塁を映すカメラ)の映像が1球毎に映されましたね。
ヒットゾーンを研究されて、赤星シフト(三遊間を閉め、レフトがライン際に前進する守備)をとられても、それでもレフト前ヒットを打つ技術には脱帽です。
現役9年で、通算打率2割9分5厘、通算安打1276本、381盗塁・・・もの凄い成績でした。
生涯本塁打3本も、ある意味凄いですね(笑
・・・・・・でも・・・とか、たらればの話はしないでおきます。

5年目以降はずっと、ケガとの戦いでした。
それが、生命の危機にまで繋がるような重症だと誰も分からないぐらいでした。
それでも今年でも31盗塁する程、野球への情熱・・・今だからこそ感動します。

阪神タイガースには、素晴らしい1番打者の系統が脈々と受け継がれていると思います。
真弓、和田、そして赤星へ

本当に若すぎる引退は残念ですが、9年間・・・お疲れさまでした。
まず、体をしっかり完全に治して欲しいです。
そして指導者として阪神タイガースに戻って来て下さい。

レッドスター53番は永久に不滅です!

FC2blog テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ

【2009/12/11 22:15】 | 日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。